津軽photogallery


by padamundayo102

彼女は大学生

電車の中は大変混雑していて、乗れるか乗れないかわからない状況だったのです。元ワードは付近で左手にかばんを掲げ、右手は上部の棚に手をかけていました。混雑していって身動きが取れなかったのです。自分の左胸につけていました。そして左斜め前に私服の女子の学生が立っていたので、誤解されないように注意を払っていました学内でもセクハラに関しては非常に気をつけていたのです。

おそらく彼女は大学生だと思いました。
次の武蔵小杉駅に着いたときです左斜め後ろにいた女性が突然痴漢と叫びました。女子学生とともに私のコートを掴んでホームに下ろしたのです。2人は口をそろえて私が女性の胸を触ったというのです。自分の左胸にあてていたというのはあなたの右での港が触れていったという意味ですか。

彼女は背が高く私は背が低いので私の左胸と彼女の胸の位置は一緒なのです。ですから揺れた具合で当たったのかもしれません。でも彼女は分厚いコートを着ていました。胸に触れたという感触は全くありませんでした。
[PR]
# by padamundayo102 | 2013-08-10 02:00
飼っている動物のことを聞くと、相手の自慢は何かを理解することが可能。ペットはたいてい飼い主に似るもので、飼い主から見ても、いつも一緒の動物は飼い主の化身ともいえる結論なのだ。
とかく「いつも他の人を寄せ付けずひとりで活動していると感じる女性」は『孤独なひとりの世界をどんなことがあっても邪魔しないで』という重たい無言の威すような気配があり近づくことができないと思われる。
要は、空は女の恋に例えられ、例えれば海は男性の恋に例えられる。男性も女性も空の下やと海の上のおしまいに決して越えることができない限界が待っていることに気がつかないことが多い。
ご存じロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる者どうしの禁断の愛を止めることができない理由は、家族や友達からの余計なお世話が固い絆の二人をさらに深いものにしてしまう反発心が作用するということである。
なぜか恋人ができないのは自己評価がうまくできていないに違いありません。自己評価の点数が高すぎると恋人を作るために越えなければならないハードルを越えにくくしている。自己評価がうまくできている人は、恋愛レースのハードルを下げられているというわけ。
[PR]
# by padamundayo102 | 2013-02-27 14:20